援交女性との交渉は多少冷たいくらいが良い

援交希望の女性と会う際には、女性から価格提示をされる前に男性から価格提示をすると良いです。
全く同じ条件での価格提示では交渉にならないので、真正面から答えないことがコツになります。

中途半端な価格提示で業者を寄せ付けない

地域や年齢により異なる援交価格は、ホテル代別2時間で1.7万円といった割り切れない数字の提示が望ましいです。
なぜなら、中途半場な価格提示をした時に反応してくれるのは、一般素人女性が多いからです。

採算が合わないと思わせて素人だけ相手にしよう

援デリ業者やセミプロ化した女性と会っても虚しい思いしか残らない事務的な対応をされるだけですから、採算が合わないと思わせることがコツです。

  • 学生狙いなら1時間1.3万円を提示してみよう
  • 20代狙いなら2時間で1.7万円提示で様子を見る
  • 30代以上は断られる前提でホテル代込み価格を宣言する

値上げアップを相談された時には、カフェで面接してから断っても良いという了承を貰えば問題ありません。

リピート狙いで初回は様子見が望ましい

ホテル内でセックスを行った後で、なぜ最初に微妙な価格提示や厳し目の条件提示をしたか種明かしをすると良いです。
その上でお小遣いを追加であげるといった対応をして、次回もまた会ってもらえないかと交渉します。

援交女性にとってもリピーターは嬉しい

援交女性の中には、1回限りと決めている女性も多いですが、1度発生したピンチは再度起きる可能性があります。
思い出したらで良いからと連絡先を教えておけば、リピーターになってくれる可能性が少なくありません。
なぜなら、一般素人女性にとって初めて会う男性に対しては緊張するので、一度会って安心できる男性なら援交相手を探す時に不安が無いからです。

援交女性との初回交渉は意図的に厳しくする

援交女性と価格交渉を行う際には、男性から価格提示を行った上で金額アップの代わりに断れる条件を追加すると良いです。
敢えて初回交渉を厳しく行うことで、援デリ業者やセミプロ化している女性を避けられるメリットがあります。