援交の相場はいくら?援交用語と一緒にご紹介!

いざ援交したいと思っても、初めての方などはいくらくらい用意すればいいのだろうとか、どうやって交渉するんだろうと疑問に思うこともあると思います。
今回はぼったくりに合わない為にも、援交の相場や値段交渉の時によく使われる言葉についてご紹介します。

援交の相場について

業者などが介入せずに個人と個人のやり取りになる援交でも、相場というものがだいたい決まっています。
人や場所や内容によっても変わってきますが、だいたい多くの援交では1万~2万が平均で3万はかなり高めだと思った方がいいです。

デリヘルでも3万円払うとなればかなり高級なお店です。
援交の場合は一般の人が相手なのでサービスの質が向上するとは限りませんから、身長に交渉をしましょう。

援交の用語について

続いて、援交の値段交渉時に使う用語について紹介します。

主に援交は出会い系サイトなどで相手を見つける方が多いと思います。
ですが多くの出会い系サイトでは、金銭のやり取りのワードをNGにしているところが多いです。

そこで値段交渉時には「ホ別1」などという隠語を使ってやり取りをします。
これは「ホテル代とは別に○(数字)万円で」という意味があります。

ホ別1

援交の中ではかなり安いです。
その分外見が悪かったり高齢だったりする場合もありますが、短時間でサクッとしてお小遣いが欲しい女の子もホ別1で提案するということもあります。

ホ別苺

苺とは1.5の事で、ホテル代と別に15,000円という意味になります。
援交でも平均的な価格で相場はだいたいこの辺りになってきます。

ホ別2

2万円もまだ良心的かなと思える金額かもしれませんが、2は注意が必要です。
というのも援デリ業者の提示してくる金額が2万の場合が多いからです。
事前に業者かどうか確認してから会うようにしましょう。

ホ別3

相場の倍になる3万を提示してくる場合、女の子側が自信のある子が多いです。
女子大生で見た目も可愛かったりして、過去にも高額で援交した経験がある場合が多いです。
ただし援デリ業者も3万を提示してくることはあるので確認は必要です。

プチ

安めの金額を提示された時に「プチ」とついていたら、本番はなしになるので注意しましょう。
口割(フェラ)だったり手割(手コキ)になるので確認してから会うようにすると良いです。

しっかりコミュニケーションを取ることが大切

援交は個人と個人のやり取りになります。
後々トラブルにならないためにも会う前にしっかりコミュニケーションをとって、お互いが楽しい時間を過ごせるようにしましょう。