リスク管理を徹底しなければ援交を楽しめない

援交セックスを行うことは、罰則規定は無いものの進んで誰にでも話せるものではありません。
特にお金が絡みで男女が初めて会った日にセックスを行い対価を支払うことはリスクが高い行為です。

援交セックスを行う際のリスクを知ろう

セックスのお礼として交通費名目で女性にお金を渡すことは、時にリスクが高い行為でもあります。
なぜなら、大金を持ったままホテルに入ること自体が窃盗リスクを生むからです。

自分の身を守るために注意すべきこと

援交相手と会う際には、リカバリーが難しい金融資産を持たずに出向くことが大切です。
相手のことをよく知らない状態でセックスを行うわけですから、時には犯罪目的の女性が紛れてしまうからです。

  • 貴重品の管理は目を離さないことが前提
  • 身分証明書を持参しないことが大切
  • ホテル入退室時は持ち物の変化に気をつける

スキを無くすことで援交女性を犯罪者にしない

男性側が自らスキを作らないことは、女性に窃盗をさせずに済みます。
援交関係で会う女性の目的はお金が優先ですから、中には切羽詰った女性がいるからです。

窃盗は出来心を詰めば回避出来る

女性にとって最悪の事態は、男性がお金を払わずにやり逃げされてしまうことです。
不安が募りすぎると、時に窃盗に手を染める女性が出てしまいます。

ホテルへ行く前に食事デートをしよう

見ず知らずの相手だからこそ、犯罪行為を行っても罪悪感が生まれません。
そこで、女性の出来心を無くすためにホテルへ行く前の食事デートが有効な方法として知られています。
何らリスクが無い食事デートを拒否する女性は、裏があると考えてホテル行きをキャンセルすれば良いわけです。

男女ともに心に余裕があれば援交を楽しめる

援交関係は、男女共に心に余裕がある者同士が行えば、自らの性癖を満たす最高の機会となります。
どちらか一方に余裕が無い状態では、残念ながら本来の快楽を追求しきれない可能性が高いです。